昨今、電子契約の普及により契約業務の電子化が進められている一方で、取引先の要望や過去の実績に合わせて紙での契約締結も実施しているという企業も多いのではないでしょうか。
今回は、散在している紙と電子の契約書をどのように保管管理すればいいのか、契約締結だけではなく書類の保管管理を業務効率化したい方に向けたセミナーです。
2023年12月末日に宥恕期間が満了した改正電子帳簿保存法についても対応ポイントをお話ししつつ、混在する紙と電子の契約書を効率的に一元管理する方法についてご紹介いたします。
また、今回はHubble様をお招きして契約書(PDF)を入れるだけで管理台帳作成までできるHubble miniについてお話しいただきます。

 

◼このセミナーでわかること
・締結済みの紙の契約書と電子データの契約書の効率的な一元管理方法
・電子帳簿保存法の改正ポイント
・電子帳簿保存法に対応した書類の管理方法
・契約業務の効率化ツール

 

◼︎こんな方におすすめ
・法務や総務などの管理部門の方
・契約関連業務に携わっている方
・紙やメール、電子契約など複数手段で契約締結を行っている方
・電子帳簿保存法について知りたい方

 

◼︎セミナーの内容
・電子帳簿保存法の改正ポイント
・クラウドサインを活用した契約業務の電子化
・Hubble miniを活用した契約書の一元管理方法

 

◼︎セミナー概要
日時:5月28日(火) 13:00~13:45(所要時間:45分)
参加費用:無料
定員:500名
実施方法:Zoomにて開催いたします
※本ページからお申込み後、ウェビナーURLをお送りいたします。

 

◼︎登壇者

渡邊 将伍
株式会社Hubble
BizDev / Business Analytics & Operations

 

東京大学法学部を卒業後、Hubble社に入社。
カスタマーサクセスとして約1年半の経験を経て、2023年にBusiness Analytics & Operationsを新設し、営業戦略のためのデータ分析やオペレーション構築を担当。
2024年からは事業開発にも幅広く従事。

 

 

降井 有希
弁護士ドットコム株式会社
マーケティング部

 

大学卒業後、複数社を経て2018年より弁護士ドットコム株式会社に入社。
カスタマーサクセス部にて既存顧客への利活用支援の後、マーケティング部へ異動。
現在はイベントマーケティングチームにてオンラインセミナーを主に担当。