企業法務の世界では頻繁に法令等の制定・改定が行われており、2024年にも重要な新法や改正法の施行が予定されています。
本セミナーでは、2024年の新法・法改正を①ビジネス、②人事・労務の視点・切り口で、景品表示法、知的財産法分野、環境法分野、フリーランス新法、いわゆる2024年問題等、企業法務の担当者がおさえておくべきポイントについて、三浦法律事務所の坂尾佑平先生と菅原裕人先生より解説いただきます。

またセミナーの最後には、リーガルチェックを最新の法令を踏まえながらAIがサポートしてくれるAI契約書レビューサービス『クラウドサインレビュー』のご紹介をいたします。


◼このセミナーでわかること
・新法や改正法施行に関してのリーガルチェックのポイント
・リーガルチェックを簡単に行える契約書AIレビューの概要

◼︎セミナー概要
日時:5月22日(水) 14:00~15:00(所要時間:60分)
参加費用:無料
定員:500名
実施方法:Zoomにて開催いたします
※本ページからお申込み後、ウェビナーURLをお送りいたします。



◼︎講師
三浦法律事務所
パートナー弁護士 坂尾 佑平 先生


2011年東京大学法科大学院修了。2012年弁護士登録。2018年ペンシルベニア大学ロースクール(LL.M. with Wharton Business & Law Certificate)修了。2019年ニューヨーク州弁護士登録。長島・大野・常松法律事務所、Wilmer Cutler Pickering Hale and Dorr 法律事務所(ワシントンD.C.)、三井物産株式会社法務部出向を経て、2021年三浦法律事務所に参画。
危機管理・コンプライアンス、コーポレートガバナンス、ESG/SDGs、紛争解決等を中心に、広く企業法務全般を取り扱う。

 

三浦法律事務所
パートナー弁護士 菅原 裕人 先生


2015年東京大学法学部卒業。2016年弁護士登録。経営法曹会議会員。高井・岡芹法律事務所を経て、2020年三浦法律事務所に参画。日々の人事労務問題、紛争対応、企業再編に伴う人事施策等、人事労務を中心に、広く企業法務全般を取り扱う。
主な著書に『ケースでわかる! 解雇・雇止めトラブル解決の実務』(共著、労務行政、2021)がある。 The Legal 500 Asia Pacific 2024においてLabour and Employment: Independent local firms部門の"Rising Stars"に選出。