クラウドサインでは、紙の消費抑制による森林保護、象牙等の取引禁止による種の保全、二酸化炭素量の削減による気候変動問題など、様々なサステナビリティに関わる事業活動を行ってまいりました。

私たちは産業活動を通して恩恵を得た反面、人類が生存可能な活動領域の限界点を現すプラネタリー・バウンダリーの危機に直面しています。

クラウドサインでは、事業活動に加えて、気候変動問題や種の保全に積極的に関わることにより、私たちが暮らす地球が持続可能になるよう貢献していきたいと考えています。

この度発表した「CloudSign for the Planet」では、クラウドサイン利用企業による契約締結数に応じた環境保全プログラムの実施、エコプレナー(環境起業家)に対する製品寄贈、世界で発足する環境活動プログラムへの賛同及び同プログラムに対する社員による参加等を行うことで、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

弁護士ドットコム株式会社取締役執行役員
クラウドサイン事業本部長

橘 大地

CloudSign for the Planetとは

ABOUT
CLOUDSIGN
FOR THE PLANET

クラウドサイン
ユーザー企業による
環境支援

クラウドサイン利用企業による契約締結数に応じた植樹活動

エコプレナー(環境起業家)に対する製品寄贈

環境保護に資する非営利団体にクラウドサインを永年無償提供

製品寄贈の詳細

世界で発足する
環境活動プログラムへの
賛同及び参加

世界で発足する環境活動プログラムであるアースデイ、グリーンフライデー等への賛同・参加。

活動報告

ACTIVITY
REPORT